おいしそうな森公式HP

おいしそうな森公式HP

おいしそうな森公式HP

おいしそうな森公式HP

おいしそうな森の理念


PHILOSOPHY

Leave a forest
for future children

おいしそうな森を
立ち上げたきっかけと想い

農業(Agriculture)と林業(Forestry)を組み合わせた
「アグロフォレストリー」という農法はご存知でしょうか?
 
森を維持しながら多種多様な果樹や野菜を育てることで
土壌の微生物も豊かになり生物多様性の持続可能な「おいしそうな森®︎」が生まれます。
 
日本でも古くから伐採後の山林や原野を焼き
灰を肥料にし整備した場所で野菜など育てる「焼畑農法」や
循環型農業の基本ともいえる「里山」なども
先人の知恵が詰まった日本版アグロフォレストリーと言っても過言ではないと思います。
 
わたしは、2011年に日本人の主食である「お米」をコミュニケーションツールに
【GOHAN PROJECT】を立ち上げました。
 
「もっと「お米」のことを知らないといけないのではないか」とメンバー達に声かけし、
2012年千葉県の里山にて、地元のNPOのご指導で「有機米栽培」にチャレンジした経験がございます。
 
その田んぼは、地形的に川が無く農業用水も引かれていないため
雨水や清水を利用する以外方法がなく、更に機械も入れられない場所だったので
天候に左右され、人間が自然のリズムに寄り添うスタイルでした。
 
今思えば、一見条件が悪そうな場所ではありましたが、
そこにある資源をフル活用し、お米の収穫後は肥料代わりに緑肥となるレンゲ草を撒き
様々な草木、昆虫、カエル、柔らかい土の感触など...多様な生態系が力強く生きている
豊かで心安らぐ空間でした。
 
わたし達が考える「おいしそうな森」の理念は、
「気候変動」によるいずれ日本にも訪れるであろう「食糧危機」、「社会課題」など視野に入れ、
未来の地球と子ども達に持続可能な「おいしそうな森(食べられる森)」を残したいという想いがあり、
「おいしそうな森の環境研究所」を発足する運びとなりました。
 
今後は、国内外のアグロフォレストリー研究者や様々な専門家など、
所属する組織、地域、バックボーンの垣根を越えた
フラットで純度の高い【アグロフォレストリー研究開発プラットフォーム構築】と、
【安全な食料確保】【地球上の生物が共存できる環境維持】【人々が健康で支え合うコミュニティ作り】を目標に、
耕作放棄地や使い道に困っている遊休地活用、里山・環境保全を視野に入れた一般ユーザー向けコンテンツの開発など
 
「森林」×「食農」×「学び・コミュニティ」をミックスした
持続可能な新しい価値観のアグロフォレストエコロジーを目指しております。
※「おいしそうな森」の名称は商標登録申請済です。

 
おいしそうな森の環境研究所 発起人代表
(一社)みなむすGOHAN PROJECT代表理事
高橋桂子